ホーム > 新日本技術ブログ

耐震診断の義務化対象建物と補助制度の概要(改正耐震改修促進法)

2013/12/01 | 耐震診断

地震等の災害発生時に耐震性の低い建築物が多ければ、それらが倒壊・崩壊することで国民の生命や財産が毀損されるリスクが高まるとともに、国家としての経済的な損失も大きくなります。 このような事態を

続きを見る

改正耐震改修促進法と耐震診断の義務化

2013/12/01 | 耐震診断

平成7年に発生した阪神・淡路大震災により、6千人を超える尊い人命が失われるとともに、多くの建築物が倒壊・崩壊等の被害を受けました。特に昭和56年以前に建築された「旧耐震基準建築物」における被害は大

続きを見る

no image
2017年度におけるマージン率

耐震診断結果の公表による影響など

今後の見通し(診断結果の公表により客が遠のく等の影響) 今回の法改正

耐震診断費用の助成金/補助金

耐震診断が義務化されたホテルや旅館、病院等の大規模建築物に対しては

診断対象の建物の現状

今年に入って、耐震改修促進法は2回目となる大幅改正が行われました。

耐震診断の義務化対象建物と補助制度の概要(改正耐震改修促進法)

地震等の災害発生時に耐震性の低い建築物が多ければ、それらが倒壊・崩

→もっと見る

建築設備・機械プラント・電気設備・コンピュータ関係のグローバルエンジニアリング・カンパニー

PAGE TOP ↑